Good Habit

This is your LIFE. Good Habit makes Good LIFE !

幸福感の増加とマインドフルネス

f:id:ken5677:20170404053719j:plain

昨日は某企業にお邪魔し,働き方改革について2時間に渡りディスカッション。

その企業の働き方改革の結論として欲しいものは「社員の幸福感の増加」ということだった。

マインドフルネスの効果として,以下の点を自分の資料に入れている。

☆幸福感が強まる

  • マインドフルネスは「今」に意識を集中させ,自分の中で起こっている感情や出来事を客観視する

  • 過去でも未来でもなく,今起きていることの中から「嬉しい」「楽しい」に気づきやすくなる

ポイントは「自分の中で起こっている感情や出来事を客観視すること」で,その為に「今」に意識を集中させるのか,集中するから客観視出来るのか,ということ。

その前の松村さんとのミーティングでも

  • 「集中」と何か?
  • 集中する目的を自覚せずに目の前に集中するだけで,人々が抱える問題を解決出来るのか?

というディスカッションをした流れでのその企業とのミーティングだったので,いろいろと考えさせられた。

事業を企画しているときから昨日まで,マインドフルネスについて「集中」と「集中の数値化」を独自性として強く打ち出してやって来たが,そもそもそれで人々の為になるのだろうか?という疑念を昨日から持ち始めた。

確かに生産性の向上を課題としている人々には,それは解決策の一つになると思う。しかし,すべての人が同じ課題を持っているわけではない。

ハーバード・ビジネス・レビューでも「生産性向上」のみのツールとしてマインドフルネスを捉えることに警鐘を鳴らす記事もある。

www.dhbr.net

昨日ミーティングした企業が求める「幸福感の向上」というような,様々な課題解決を包含するような「アンブレラ」的な上位でのコンセプト設定が必要で,課題の解決策は抱えている課題毎に異なるのではないだろうか。

確かに自分は最初は「集中」を心がけ,それが雑念の排除に繋がり窮地を脱したのは事実だ。ただ,マインドフルネスを継続している現在は「雑念をジャッジせす,感情を受け流すことに集中」をしている。

それによって,より自分を見失わず,雑然とした思考状態をフラットにできる。そして,必要な情報などを整理できるようになり「正しい情報」を選択できるようになる。

研修ビジネスとして「数値化」は武器だが,オールマイティではないことがわかった。また,やるべきは「課題解決ビジネス」で「研修ビジネスではない」。

ビジネス・パーソンの課題解決策としてマインドフルネスが活用されるために,ビジネス・モデルも含めて見直し,至急に修正に取り組むべきと昨日判断した。

「マインドフルネスでビジネス・パーソンを幸せにすること」

ここにリマインドして,悔いのないようにやるべきことに「集中」してやる。

マインドの革新で,自己革新を。

 

最近インプットが少ない

f:id:ken5677:20170403053837j:plain

この2ヶ月ほどインプットが減っている。週末は完全に「脳の休息モード」に入ってしまう。昨日はフジサンケイビジネスアイの第1回原稿を書いたが,やるべきタスクが無い時は,気力が出ず「何も考えない」ことが多い。

何も考えないことは悪いことではないが,平日は読めない本を読んだりしてインプットを増やさないと「退化」が始まる。

現状維持は退化。

気を使いすぎて疲れすぎると,余裕も気力もなくなり,インプットを増やそうとする気力もなくなる。

そうなってはいけない。

事業は自分の為にやっている。なので退化させては元も子もない。

自分らしさを失わず,ココロに余裕を持って自分を進化させていく必要がある。

マインドの革新で,自己革新を。

大量採用による現実

f:id:ken5677:20170331054847j:plain

昨日は某大手ソフトウェア開発会社の人事の方と取材の事前打ち合わせ。

ミーティング当日に「一人できて欲しい」と意味不明なお願いを受けて「何が起きるか?」と若干ビビりつつお伺いした。

ミーティングでは,「絶対に他言しないで欲しい」というその会社の人事が抱える問題や会社のカルチャー,カルチャーに起因する問題についてすべて教えていただいた。

「こういう背景なので,マインドフルネスを社内に普及させるために今回の取材をうまく活用したい」とのこと。ビビる話ではなかった(^^)

背景の一部は「大量採用」。

その会社は1,000人に近い新卒の社員を現在採用しているが,数を優先するが所以に「玉石混交」になってしまっており,中には「ゲーム開発出来ると思った」とか「ITに全く興味ない」ような人も入社しているとのこと。

なので,今回は入社1~2年めの若手を対象に,上司の評価で「集中力がない」「集中したいが出来ないので悩んでいる」と事前に状況を把握した上で参加者をリクルーティングする。

「こわ~~~^^;」

怖い理由。

  • 社員も会社側も取り敢えず入る,入れる的な「数合わせ的」採用

これは私が社会に入る時の証券会社やメガバンクと全く同じかそれより酷い感じがした。当時は大量採用の裏には学歴偏重の「A採用」「B採用」「C採用」という最初から「ランク付け」が行われており,メガバンクの「C採用」だと,基本「自転車営業」しかやらせてもらえないとの話を聞いたことがある。

毎日Twitterで起業家やVCの動きも追っているが,そこから垣間見る状況,環境と昨日の話の乖離が大きすぎて,一体世の中前へ進んでるんだか後退しているかがよくわからなくなった。

一方,だから中途採用マーケットが活況を呈しているわけだ。なるほど~!

今回は,マインドフルネスでの成果が見られればマインドフルネスを社内で採用していくことを検討していきたい,という有り難い方向だが,正直なんだか考えさせられるミーティングだった。

マインドの革新で,自己革新を。

 

人間関係がすべて

f:id:ken5677:20170330080028j:plain

昨日は新丸ビル内の某一部上場企業で取材も兼ねた広法さんのトレーニング。

その際あるトラブルが発生した。

ただ,ミスは必ず起きるものでミスの原因となったことについて,その後ビールを飲みながら話し合った。ミスを起こした本人は,救われた気分になったと思う。

ミスは必ず起きるし,そのミスをことさら責めて人間関係を壊してしまっては,次の仕事で一緒に出来なくなる。

こういう時に「何を大事にしているか」で対処法が変わる。

そこで感じたのは「人間関係でビジネスが成り立ち」,人間関係が必要ない仕事はすべてAIやロボットに置き換わってしまうな~,ということ。

「ヒトがすべて」。

マインドフルネスがますます必要な時代になる。

マインドの革新で,自己革新を。

フジサンケイビジネスアイでコラム連載が始まります!

f:id:ken5677:20170327051104j:plain

ご縁があって4月14日(金)から全12回の連載コラムをやらせていただくことになった。

12回を3ヶ月=月4回のペースだが,ブログをやって来たことであまり無理なくいけそうな気がする。

全12回の章立ての予定はこのような感じ。

第1回:マインドフルネスとは

第2回:マインドフルネスの歴史

第3回:GoogleFacebookでの採用による急速な普及

第4回:なぜGoogleFacebookがマインドフルネスを取り入れたのか

第5回:日本におけるマインドフルネスの普及状況

第6回:マインドフルネスの課題

第7回:マインドフルネスを身につける時の注意

第8回:マインドフルネスプログラム紹介① 集中力を身につける

第9回:JINS MEMEで集中力を測定する

第10回:マインドフルネスプログラム紹介② 組織の創造性を伸ばす

第11回:デジタルデトックスリトリートのすすめ

第12回:VRを活用したマインドフルネスの可能性

お目に触れる機会があれば,ご笑覧ください。

マインドの革新で,自己革新を。

 

第2回集中力測定イベントやります!

f:id:ken5677:20170324053123p:plain

前回好評だった「集中力測定イベント」の第2回やります(^^)

【体験会】あなたの集中力は現役東大生より高いのか!? | cocokuri

「自分の集中力ってどれくらい?」

JINS MEME使ってみたいけど買うには高いな~」

「マインドフルネスを広法さんから教わってみたい!」

といったご要望にお答えしてやります(^^)

今回は日曜日開催ですので,スケジュールも入れやすいと思いますので,皆様のご参加お待ちしております~~!

お客様に教わること

f:id:ken5677:20170322061154j:plain

今年の1月18日にサービスを開始してから,約2ヶ月が経った。

そこがスタートになり,そこから本当のサービス開発や他社とのアライアンスを仕掛け始めたわけだが,いろいろな発見があり改良・改善を行っている。

個人・企業の方々と数多くお会いすることで,お会いした方々との会話から気づくことが多い。

サービス開始前はあくまで自分の「仮説」であり,それが正しいことは殆ど無いだろう,と考えていたので,この2ヶ月での「気づき」と気づきを元にした「最適化」とその継続が「真のサービス開発」と言える。

新規事業とはこういうものだ。

なので,「手段」にこだわると失敗する。

amazonのCEOであるジェフべソスはこう言う。

ビジョンには頑固だが、ディテールには柔軟だ

全く同感。

「一人でも多くのビジネス・パーソンにマインドフルネスを身に付けてもらう」

というビジョンは信念でもあるので,どこに行こうが誰とやろうがここだけは「絶対にずらさない」。

しかし「やり方」については,ターゲットインサイトを元に仮説ベースのものを改良し,どんどんターゲットに「近づけていく」。

このスタンスを貫き,地道な作業を続けていれば必ず成功すると信じている。

今週の日曜にプログラムを受講したお客様からもいろいろとサジェスチョンをいただき,改良の手段がまた見つかった。

また成功への一歩が進んだ気がする。

マインドの革新で,自己革新を。