読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サービス開始に向けた準備 7:プログラム効果の可視化

一般的に「研修プログラムの効果」を数値化することは,今まではほとんど行われていない。ゆえに個人が自分で費用を支払って参加するのではない「会社からの命令」で受講するプログラムは,そもそも「受け身」であるため,効果については個人差が著しく出ると思っている。そこで法人に向けたサービスは「効果の可視化」が必須だと考えている。

エン・ジャパンが行っている「エン・カレッジ」は,プログラムの効果と成果を企業人事にフィードバックする工夫を取り入れることで,大変評価をされている。私たちもエン・カレッジの責任者からのアドバイスや,テストプログラムを受講していただいたフィードバックから「効果の可視化とサポート」を導入した。

具体的には,J!NS MEMEというJ!NSの最新のIoTデバイスを用いた「集中力の可視化」とSNSを活用した「8週間サポート」を行う。

マインドフルネスは「最低8週間の継続」が効果を実感するためには必要とされる。本や雑誌に書いてあることを1週間くらいやっても効果は実感出来ない。

私たちのミッションは「研修プログラムの販売」ではなく,「マインドフルネスを身に付けてもらう」ことなので,当然「受講後サポート」を準備している。

詳細はまだオープンに出来ないが,今後のJ!NS MEMEの進化と新しいソリューションとの組合せで,従来の「販売ビジネス」ではない「マインドフルネス・ソリューション」ビジネスを提供していくことで,ミッションの達成を目指すことになる。

マインドの革新で,自己革新を。

f:id:ken5677:20161221053254j:plain