集中力ブーム

f:id:ken5677:20170114042615j:plain

現在発売中の週刊ダイヤモンドの特集は「集中力」だ。

働き方改革⇒時短勤務⇒生産性向上ニーズの増大⇒集中力ニーズの増大,という流れを先取りした記事は,JINSの井上さんへの取材申し込みと18日のJINSさんとの共同イベントへのプレスの申込み状況から,今後いろいろと出てくると想定される。

「集中力ブーム」だ。

週刊ダイヤモンドの記事を一部引用すると

 「金魚の集中力は9秒しか続かないとされています。では、現代人の集中力はどのくらい続くと思いますか」

 こう質問されたら、あなたは何と答えるだろうか。

 正解はなんと8秒。金魚よりも短いのだ。このデータは、米マイクロソフトのカナダの研究チームが2015年5月に実際に発表したものだ。約2000人の参加者の脳波などを測定した結果で、2000年は12秒だったヒトの集中力の持続時間が、13年には8秒まで短くなってしまったという。

 なぜここまで現代人の集中力は短くなってしまったのか。最大の要因は、IT技術の進化に伴う環境の変化である。

これは半分正解で,半分間違っている。もともと人間は「集中しにくい」生き物で,それに環境の変化が「より集中しにくく」している,が正しい。

マインドフルネスの基本は「自分の動作に集中」することだ。なので,呼吸や歩行動作,自分の意識などに「注意を向ける」ことで「集中を持続させる時間」を長くすることが出来るようになる。

自分の動作に集中すると,人間は「同時に2つのことを考えることは出来ない」ので,自ずといろいろなことを「忘れる」。忘れるので結果ストレスを感じる情報もなくなってしまうため,「ストレスが減り」「やるべきことの生産性が向上する」。

マインドフルネスによる生産性向上のロジックはこんな感じだ。

働き方改革は,「フォローの風」として私たちの事業へのニーズを増大させている。集中力ブームという「ブーム」で終わらせず,「社会の風」をしっかり掴んで,一人でも多くの人々にマインドフルネスを身に付けていただきたいと思う。

マインドの革新で,自己革新を。