読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JINSの井上一鷹さん

J!NS MEME J!NS インナーコーリング インキュベーション アライアンス 井上一鷹 日の丸エンジニア cocokuri ココクリ

f:id:ken5677:20170122061818p:plain

今までご紹介したかったが,18日の共同イベントまですべてを「水面下」で進めていたJINSさんとの関係をやっとオープンに出来ることになったので,JINSの井上一鷹さんをご紹介する。

井上さんと初めてお会いしたのは,昨年の6月23日(木)。スクーの公開授業にもご出演いただいたCampus for hの西本さんからのご紹介だった。

井上さんは私と同じ慶應のご出身。ただ,工学部で「算数オリンピック第4位」という明晰な頭脳をお持ちで,慶應高校~大学の7年間を工学部の矢上校舎の近くの「蝮谷コート」で過ごした私とは「頭の出来が違う(^^ゞ」。

インナーコーリング社の事業企画を始めたかなり初期の頃からJINS MEMEとは何か接点を持ちたかったので,西本さんから「JINSさんとかいかがですか?」と振られた時は,「是非に!」と即答。

井上さんが抱えていた「法人向け営業チャネルがない」という課題を協業によって解決出来ることもあり,ビジネス面でのアライアンスはすぐに認識できた。

ただ,このビジネス面でのアライアンスは二次的なものに過ぎず,ここまで「ガッチリ」井上さんと組めたことには大きな理由がある。

「理念レベルでの共感」だ。

JINSさんは「made in Japan」にこだわり,世界へ進出している。

インナーコーリング社も日本人のお坊さんコーチと仏教の八正道をベースにした「made in Japan」のマインドフルネスソリューションで世界を目指す。

「made in Japanで世界を目指す。」ここが共感ポイント。

私は1983年に新日鐵(現新日鉄住金)に入社時から今までの33年間「世界で勝負する」というマインドを変わらず持ち続けている。なので,cocokuriを単なる「研修販売事業」で,日本人だけをターゲットにした「ちまちました」ビジネスで終わる気など毛頭ない。

更なる進化を遂げるJINS MEMEとcocokuriを組み合わせた「パッケージソリューション」を進化させ,5年後,10年後を見据えた「ソリューション事業」として「日の丸エンジニア」,「日の丸ビジネスパーソン」が「世界で戦えるマインドセット」を身に付けるためのサポートをしていく。

井上さんと手を携えて,まずは「日本のビジネスパーソン」に,次に「世界のビジネスパーソン」にJINSさんとの共同マインドフルネスソリューションを提供し,世界に存在感を示していく。

井上さんのJINS MEMEにかける思いの詳細がこちらに掲載されているので,ぜひご一読いただきたい。

www.cocokuri.com

マインドの革新で,自己革新を。