読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決起集会に参加して思うこと

f:id:ken5677:20170410061700j:plain

先日の土曜日は,グループ会社全体の決起集会。

全国から1,000名以上の社員が参加する,年に1度の大集会。

4Qの活動の振り返り,会長と社長の対談形式の来年及び中長期の方針発表,そして,4Qと昨年度の優秀社員の表彰が行われた。

高業績を叩き出しているがゆえに,とても熱気があり「完成された」感がある。

新人賞を取った社員のコメントを聞いていると,自分の新人時代は,八幡製鐵所にいて,和気あいあいと現場のおじさんたちとも面白くやっていた時なので,「すげ~な」と率直に思う。

会長が築き上げ,今もなお改良を続けている「企業価値観」の社員への浸透と徹底は,高業績の源になっており,素晴らしいことだ。

一方で,自分はマーケットもなく,目立った競合もなく,「マーケット創造」の事業をやっているので,正直まだこの企業価値観で物事が進むような世界ではない。

まだまだサービスもビジネスモデルも「手探り」で,基準になる利益KPIすら見つかっていない。成長のドライバーになるサービス提供形態とビジネスモデル,それに基づくKPIに何を設定すればいいかを,日々顧客との対話からヒントを見つけて考えている状態だ。

また,正直自分には,この完成された企業価値観をそのまま踏襲することは出来そうもない。あまりにもやってきた環境が違いすぎる。性格的にも新入社員の時からこれまで,「こうやれ」と指示されるのが大嫌いで,あえてそうやらずに「自分なりのやり方」でやってきた。

なので,自分なりのやり方で結果を出して,インナーコーリング社独自の価値観を作り,新規事業としてのあるべき姿を自分で確立しなければいけない。

マインドの革新で,自己革新を。