読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞑想

朝4時に起きる,ということ

私は毎日朝4時に起きる。休日もあまり寝すぎると生活のリズムが崩れるので,遅くとも6時には起きるようにしている。 電通時代でも,ニューヨークとの昼夜逆転作業の6ヶ月を除いて,毎朝7時に出勤して誰もいないオフィスで「電話に邪魔されず」仕事をしていた…

マインドフルネス事業への道 12:松村和順さんとの出会い

当初は「こころの健康ポータルサイト」構築を目的にした情報収集活動を進める中で,お寺イベントの情報サイト「寺子屋ブッダ」の松村和順さんとのご縁が出来た。 またいつものように,面識はなかったが「はじめまして」メールを送らせていただき,4月26日(…

マインドフルネス事業への道 10:勝負のプレゼン

「良い提案をすることに集中」し,今まで身に付けてきたことのすべてを投入して事業企画を立案し,3月31日の越智さんへのプレゼンに「考え尽くして」準備を行った。 結論は,現在の状態が示しているように「うまくいった(^^)」。越智さんから事業立ち上げに…

マインドフルネス事業への道 9:2ヶ月の勝負

2016年3月1日(火)。新しい挑戦が始まった。インキュベーションルームは,会長室の隣で元役員室を使っているようだった。当時のメンバーは,現株式会社インナーコーリング取締役で,エン・ジャパンの経営戦略室長も兼務する武石のほか自分を含んで総勢4名と…

マインドフルネス事業への道 5:資金調達の壁

2015年12月。ちょうど去年の今頃,いよいよ尻に火がつき始めてきた。サムスン,小さい広告代理店オーナー,500 Startupなどに資金調達のお願いへの訪問を重ねた。元SAPジャパン代表の中根滋氏も広告代理店のオーナーからのご紹介でお願いをした。 一番可能性…

マインドフルネス事業への道 4:沼倉正吾さんとの出会い

「VR瞑想」という方向性が決まったので,あとはもう「行動あるのみ!」ということで,すぐさま事業プランの構築に入った。時代背景,課題認識,瞑想の有効性,VR瞑想であることの意味,アメリカマーケットでの展開方法,事業収支計画などをまとまあげた。 一…

マインドフルネス事業への道 3:VR瞑想への気づき

リラクゼーションコンテンツの方向性について思案をしている時に,なんのきっかけもなくいきなり「瞑想は?」というお告げが降りてきた。 ストレスチェックが義務化されたこともあり,ストレス低減への社会の「風」のようなものは少しづづ吹き始めていたので…

マインドフルネス事業への道 2:リラクゼーションVR事業の立ち上げ

藤田保健衛生大学との契約も完了し,「リラクゼーションVR」という領域でのビジネスモデルの構築に取り掛かった。海外では入院患者がサムスンのGear VRを使っている例もあることから「治療」ではなく,入院患者の不安解消,暇つぶし的な領域での展開に絞るこ…

マインドフルネス事業への道 1 瞑想VR

2013年の12月にアメリカのImmersive Mediaのプレゼンを受けてから,VRにハマった。正確には「360°動画」に可能性を感じたので,突っ込んだ。 当然アメリカが先行していたので,関連するtwitterアカウントやFacebookページをリスト化して,毎朝4時から最新の…

J-PHONE時代のこと

ふとしたきっかけで,J-PHONE時代のCMをFacebookにアップしたら,バズった(^^) 昔の仲間が動画の元に集い,時を超えて思い出話が出来て嬉しかった。存じ上げない方も沢山シェアしていただき,このCMの「凄み」も再認識! 経営共創基盤の冨山和彦さんとは,そ…

いよいよカウントダウン!

来年1月10日がプレスリリースということで,人生初のブログに挑戦! この事業はライフワークとしてなんとしても成功させる(^^) エン・ジャパンの鈴木社長を見習って根気よく続けるぞ!! マインドの革新で,自己革新を。